春の味覚を楽しむ

春先になると、スーパーなどで「ふきのとう」が売られています。
天ぷらなどにして食べると、苦みがとても美味しく感じる春の味覚です。
でもこの苦みって、不思議と大人になってからじゃないと美味しいと感じないものです。
「ふきのとう」は田舎の実家の畑でも栽培しています。
実家に遊びに行った時に、母がふきのとうを摘み取って「天ぷらにして食べよう」と言ってくれました。
子供と一緒になってふきのとうを積んでいたのですが、子供が「これって苦いんでしょ?私食べられないよ」と言いました。
すると、実家の母が「じゃ、つくしを取っておいで。つくしも甘辛く煮て美味しい佃煮にしよう」と提案してくれました。
田舎なので、つくしはそこらじゅうに生えています。子供は張り切ってつくしを積み始めました。
そして、家に持ち帰り、つくしのはかま部分を取って、美味しい佃煮にしました。
子供は初めて食べるつくしの佃煮がとても気に入って「おばあちゃんは料理の天才だね」とニコニコと笑っていました。

ブラウスを2日かかって買いました

先日、春夏物のブラウスが欲しくて買い物に出かけました。
ワイドパンツに合わせたくて、何となくイメージを思い浮かべて探しました。
最近流行ってるし、すぐに購入できると思ってたのですが、なかなか気に入ったのが見つかりません。
デザインが気に入ったものの値段が高すぎたり、リーズナブルだけどデザインが今ひとつだったり、難しいものです。
丈だったり、色だったり、素材だったり、微妙なところが気になって、「これっ!」という物になかなか出会えませんでした。
時々、一目惚れする物に出会えることがあるのですが、今回はありませんでした。
でも、どうしても欲しいという気持ちが強くて、結局2日間歩き回りました。
実はこういう時、私は悪循環に陥っていくのです。
「ちょっと良いかも」と思った商品に出会っても、もっと良いのがあるかもしれないと思ってしまうのです。
探している時間が長ければ長いほど、この傾向が強くなります。
最終的には、初めに「良いかも」と思った商品を購入することが多くなります。
今回もそうでした。
結局、無駄に時間を費やしてしまった感が強いのですが、納得できる商品を購入することができたので、結果オーライとしたいと思います。

そろそろ変えようとしているインテリアコーデ

お気に入りのポストカードをこれまたお気に入りのフォトフレームに入れ、インテリアコーデのオブジェとして飾るのが好きです。そんなポストカードオブジェの「替えどき」は大体シーズンの節目ごとで、そろそろ変わろうとしているところです。
気の向くままに、そのときそのときしたいようにポストカードを選び、飾っていますが春先はどちらかというと黄色の印象的ないかにも春っぽい景色のポストカードが多く、それを来る新緑の時期に向けて同じように新緑が感じられるフレッシュな景色にシフトチェンジしようとしています。
ちょっと前まではお気に入りを一斉にひと通りウォールポケットに入れて大きく広く数多くというインテリアコーデ展開でしたがそれが引っ越しを機に一変し、今の住居になってからは白い壁に映えるよう、一枚ずつのよさが印象的になるようなコーデにするようになりました。実際、ポストカードは一枚でも壁に飾ってあるだけでその場が映えるので素敵です。
新緑の景色のポストカードも飾りたい候補があれこれ多いですね。シンプルでスタイリッシュに、うるさくならないようセンスよくを心がけながら、ポストカードのコーデは続きます!

ライターとしていっそう上手な気分転換を!

ライターを生業の一部としてしばらくの時が経ちましたが、ずーっとPCとにらめっこしていると確かに行き詰ってしまいます。ライターに起こりがちなネタ切れ現象も然ることながら、気持ちの上で煮詰まってきたり滅入ってきたなと自覚したときがリフレッシュの目途としています。ライターというものは上手に気分転換を図ることができてこその職業でもありますね。
書くことを生業にしてひしひしと分かるのが、意外とPCの前で体力勝負であるということです。だからこそ体を動かす時間を作ったり、好きなことをしたり、意図的に外にお散歩にいったり、全然違う職業の人と会う時間を持ったりと、いろいろ工夫や執筆以外の時間も大切にしながらオンオフを切り替えるようにしています。
ITから離れる時間も作るようにしています。納期が迫っていて忙しいときは大変ですが、PCの前にいて黙々と執筆している姿だけを家族に見せたいわけでもないので、ときには家族サービスもしたいですからね。
メリハリをつけ、うまくリフレッシュしながら自分なりのタイムスケジュールでこの生業に親しんでいこうと思います。

休日、部屋、キレイにお掃除!

休日の今日、やりたいと思っていたお部屋の掃除が大雑把に終わりました。リビングの一部をちょこちょこ、キッチンのフロアを全面的に、そして寝室は窓サッシを重点的にという具合です。一番スッキリキレイになったのは何といっても寝室ですね。かなり汚れが厳しくなった簾も思い切って取り外し、窓枠をざーっと拭き掃除しただけでも部屋の印象が変わりました!
いつもついつい犠牲にしている部分を重点的にやりましたが、段階的にでもキレイにしていこうと思い、今日はその手始めに大方の汚れを除去することがミッションでした。窓サッシはそれだけで面積があることからも、キレイになると部屋全体の印象が明るくなりますね。フロアのお掃除ではこの頃はアロマの香り付きのフローリングワイパーを活躍させているので、拭き掃除するたびにジャスミンの香りがふわーっと漂うのでお掃除が楽しいです。
キレイになったリビングにも、近々寝室と同じようにポトスのグリーンのインテリア造花でぐるっと囲み、お部屋の印象をさらに素敵にするのを楽しみにしています!

今日のごはんはニンジンしりしりー

今日はスーパーで買い物をしていたら、ふとニンジンが目にとまったので、今日の夕飯は「ニンジンしりしりー」に決定しました。
ニンジンしりしりーは沖縄の家庭料理で、ニンジンの千切りを卵やニラ、シーチキンと炒めたものです。ニンジンは、普通のスライサーではなく、しりしりー専用の物を使うので、刃がギザギザな分、ニンジンに味がよくしみこむようにできています。スライサーでニンジンを千切りにする時の音がしりしりと聞こえるので、こんな名前の料理になっています。
ニンジンをしりしりーしたあと、フライパンでよく炒めながら、粉末のだしで味付けをして、シーチキン、ニラを加え、とき卵を流しこみ、さらに炒めます。とき卵にも粉末のだしを入れておくと、美味しくなります。さて、ニンジンの甘みがでてきて、いい感じになりました。
ニンジンがメインの料理って、なかなかないと思いますが、このニンジンしりしりー、まちがいなくニンジンが主役です。そして、ニンジンをおいしくたくさん食べられる料理です。今日の夕飯はこれでご飯をいっぱい食べられました。みなさんもぜひ、ニンジンしりしりーを作ってみてくださいね。

水の配達のお兄さん

うちには水のサーバーがレンタルで置いてあり、毎月2回程度、注文をして自宅まで届けてもらっています。
この水の配達のお兄さんに、いつからなのか自分でもわからないけれど、なぜかドキドキしてしまう。今日は水の配達の日だと思うと、朝からそわそわして、部屋の掃除をいつもより念入りにやってしまいます。また、洋服はなにがいいか、鏡の前で何パターンか選んでしまいます。これって、自分でも恋しちゃっているのかなと、うすうすわかっています。
配達のお兄さんは特別かっこいいわけでもないけれど、いつもやさしい声で、この重い水のタンクを軽々と持ち上げていて、そんな姿にキュンとなってしまいます。今日こそは勇気をだして、水以外の話題をしゃべってみようかな、なんて考えたりするけど、いざ、インターフォンがなったら、緊張してそれどこじゃありませんでした。
何もできない自分が情けないけれど、今日もステキな笑顔にあえて幸せです。次の配達は2週間後、とーっても長くて待ち遠しいです。

気まぐれな野良猫

家のそばでよく見かける二匹の野良猫の話です。何度も見かけるので最初は勝手に名前をつけて呼んだりしていました。もちろん野良猫なのでなついたり触らせてもくれません。それでもあまりによく見かけるので試しにエサをやってみることにしました。食べるかどうかわからないので、とりあえずペットショップで安い猫のエサを買いやってみるとちょっとビックリするくらいよく食べました。そうなるとかわいく思えてたびたびあげるようになり、だんだんとあげる時間帯も決まってきました。普通なら毎日かかさずあげるということになりそうなんですが、そこは野良猫。不定期に食べに来るんです。何日も連続で食べにきたり、4~5日もぱったり姿を見せなかったり。数日姿が見えないと事故にでもあったんじゃないかと心配しちゃったりもします。また天気がいい日に今日はいるだろうと思って見るといなかったり、雨が結構降っているからさすがに今日はいないだろうと思いつつも一応見てみると雨の中で丸くなって待っていたり。すっかり野良猫に振り回されています。それでも結局はそんなところもかわいくてエサを用意している毎日です。

自転車での遠出

小学1年生の子供は自転車でまだ遠出をしたことがありません。家の近くのコンビニまで一緒に行く位でした。
でも、今後友達と自転車で出かける事もあるし、中学や高校には自転車通学になる事もあります。
少しでも自転車に慣れておくために、私と一緒にサイクリングに出かける事にしました。
目的地を私の実家にしました。今住んでいる家から、直線距離で5キロメートル程です。
子供は自転車の運転が危なっかしいので、なるべく交通量が少ない道を選んでいきました。
とは言っても、国道などの交通量が多い道を2回程は通る必要が出てきます。
道路交通法が変わり、自転車も車道を走る事になっています。
小学一年生に、車道を走らせるのはとても危険です。
警察のホームページなどを調べると、「子供は歩道を自転車で走っても良い」と書いてありました。
子供と一緒に走る場合、親も歩道を走ってもいいようです。
これならば、少しは安全におばあちゃんの所まで行けそうです。
しっかりとヘルメットをかぶり、ドキドキしながら5キロの道のりを走破しました。
おばあちゃんも、笑顔で出迎えてくれたので、子供も大満足したようです。

マイホーム計画

私たち夫婦に4ヶ月前娘が生まれ、今まで1LDKの家に住んでいた私たちも、マイホームを考えるようになりました。まずは、長男である旦那の両親に了解をえなければいけません…。
私が、里帰り出産で帰っている間に聞いてみてねと宿題を残してたのですが、なかなか親に切り出せないようで、ズルズルきてしまっている旦那にイライラ。
先日、旦那の実家に泊まりに言った時に、ようやく話せたようなのですが…義母はショックだったようで、考えさせてと言われたとのことでした。同居はできないことはわかっているようなのですが、いずれ帰って来てくれると思っていたようで家を持ちたいとは思ってなかったようです。
これまで、家の話を切り出すのは毎回私の方。
だったのですが、自分の両親に一応は話したからホッとしたのか、セミナーに行ってみない?と旦那に言われ、お母さんの了解はまだえられてないけど…とは思ったのですが、初めて旦那が家についてやる気になっているので、行ってみることにしました。実際、話を聞いてみたり写真を見せてもらったりすると、やる気になってきて久しぶりにたくさん会話をした気がします。まだ、どうなるかはわかりませんが…義母にも賛成してもらいマイホームが持てる日が早く来ればなぁと思っています。