写真をとることの大切さ

私は中学生くらいの頃から写真をとるのがとても嫌いでした。でも、数日前昔何気なく
とっていた写真を発見しました。とても懐かしくて「この頃に戻りたいなあ。」と思ってしま
いました。でも、大人になった今何気ない写真を撮るのは少し抵抗があります。
なので出かけた時や特別な時、友達と遊んだ時などにカメラを持っていくように
なりました。そうすると、数年たって振り返った時こんなところに行っていたんだな
と懐かしくなります。そこで私は写真を撮ることの大切さを学びました。
いつかおばさんになって人物を撮るのが嫌になって来る日もあるかもしれません。
でも今はまだ若いので、たくさん後悔ないように撮っておこうと思っています。
ちなみにカメラはデジタルカメラです。小さいのでどこへでも持っていけます。
今度は人物ばかりではなく、風景も撮ってみたいなあと思います。
スマホのカメラも最近では写真に出来るみたいですが、インターネットで
とても安く写真を買えるところがあるので便利です。
これからも写真でたくさん思い出を作っていきたいです。