むくみに良いドリンクについて。

最近まだ薄ら寒い日が結構ありますよね。わたしは冷え性なので暖かくなってくる、この時期の寒さは冬以上に気を付けたいものがあります。
よく言われていますが冷え性は何一ついいことがないそうですね。まず身体が冷えてると、むくみ体質になって中々痩せることができません。
なので、わたしはダイエットをしてもすぐリバウンドしたり、体を壊して中断しなければいけなくなったりして、成功した試しがありません。
そこで最近何となくネットを見ていて、気づいたのですが「水滞」という体質の人は、むくみやすく、ぽっちゃり型の人が多いそうですね。
そのような体質の人にはオススメのドリンクがあって、それは、おろし生姜をプーアール茶に入れるというものだそうです。
簡単そうで、体にもよさそうな気がしますね。身体を温めて余計な水分を排出できれば、とても効率よく痩せることもできると思います。
味はどうなのか分かりませんが、薬を飲むつもりになれば試してみる価値はありそうですね。というか、個人的にはなんだかクセになりそうなお味の気がします。
帰ったらさっそく生姜チューブをプーアール茶に入れてみようと思います。

お散歩と素敵な靴

最近心地のいい天気が続いていますね。こうなると、外をプラプラ散歩にでも行きたくなります。
散歩には歩きやすくて見た目も素敵な靴を履いて出かけたいですよね。そこで、評判のいい靴をネットで探していたら、欲しいと思う靴がありました。
あまりデザイン性のないシンプルな靴が好みで、その上お値段も安いほうがいいと思っていた時に見つけたのが、無印良品の撥水オーガニックコットンスニーカーです。
色もオーソドックスな色がそろっていて、中でも真っ白なお色が、余計なラインやマークとかも入ってなくて「素敵!」と一目惚れです。
撥水加工もしてあって多少の水滴は弾くので、小ぶりな雨にも安心かなと思います。それから、インソールの評判がいいんです。
長時間歩き続けても疲れなさそうな履き心地らしいです。これは、毎日のお散歩や、旅行のときなんかでも大活躍しそうな雰囲気です。
車や自転車も良いですが、暖かい季節はやはりお散歩が一番です。気持ちのいい大きな公園を見つけて散策したり、隠れ家的カフェを見つける小さな旅に出かけてみるのも、
楽しそうですね。さて、次は素敵な靴を履いてどこへ行きましょう。

子どもより親がはまった仮面ライダー

今現在放送されている、仮面ライダーエグゼイドはみなさんご存知ですか?
今までとは違った全く虫らしさのない外見から、仮面ライダーらしくない!と拒否反応が出ている知人もいるのですが…我が家では子ども以上に親がはまってしまっています。

その理由は、わたしたち夫婦がかなりのゲーマーであるということです。
仮面ライダーエグゼイドのテーマは、ゲームと医療がメインとなっています。
ゲームソフトのような、ガシャットというアイテムを使ってゲームのキャラに変身するので…楽しくて仕方ありません。
ガシャットはほとんど買い揃え、オリジナルのケースも100円ショップのものを使って作成しました。
アクションゲームやRPG、シューティングゲームやレーシングゲーム…ありとあらゆるタイプのゲームが登場します。
さらに、本編ではありませんがYouTubeで放映された特別編や、映画にはパックマンやゼビウス、ファミスタといったナムコさんの実在するゲームも登場するのです!
これには夫婦揃って大興奮でした!
ゲーム好きな方は、ぜひ見てみてくださいね。

ただ、ゲームに興味がない方が楽しめないのかというとそうではありません。
ストーリーもかなり練られていて、子どもはもちろん大人にこそ楽しめるお話だなと感心しながら見ています。
ゲームで扱う命と、医療で扱う命…この対比に注目してみるとハッとさせられることがあります。

仮面ライダーエグゼイド、ぜひ一度ご覧になってみて下さい!

地元の祭り

先日テレビで、イタリアのオレンジ祭りについてやっているのを
娘と2人で見ていた時に、
町ぐるみで行う祭りなんて、最近みてないなぁと感じました。

地域で行っている小さなお祭りは、ちょこちょこ参加しているのですが、
大きいお祭りのワクワク感と、みこしを担ぎながら声を掛け合う若い兄ちゃんのかっこよさを思い出し、
子どもの頃を思い出しました。

ああ、若い兄ちゃんたちの法被姿ってイケメン度が5割増しなんだよなぁ…なんてことを考えながら

「今度お祭りに行こうか」

と、娘に提案してみました。
普段インドア派で、外へ行くことには消極的な娘ですが
今回は意外とすんなりOKが出たので、
今年の秋が今から楽しみです。

福島県の二本松市には、提灯祭りという市運営の祭りがあるのですが、
たくさんの提灯を灯した山車を男たちが数十人がかりで
引いたり、回したりして、かなりの迫力があります。

私は現在、首都圏に住んでいるのですが
地元のお祭りが懐かしいです。
今年はパパも連れて、家族でお祭りを楽しんできたいと思います。

春の味覚を楽しむ

春先になると、スーパーなどで「ふきのとう」が売られています。
天ぷらなどにして食べると、苦みがとても美味しく感じる春の味覚です。
でもこの苦みって、不思議と大人になってからじゃないと美味しいと感じないものです。
「ふきのとう」は田舎の実家の畑でも栽培しています。
実家に遊びに行った時に、母がふきのとうを摘み取って「天ぷらにして食べよう」と言ってくれました。
子供と一緒になってふきのとうを積んでいたのですが、子供が「これって苦いんでしょ?私食べられないよ」と言いました。
すると、実家の母が「じゃ、つくしを取っておいで。つくしも甘辛く煮て美味しい佃煮にしよう」と提案してくれました。
田舎なので、つくしはそこらじゅうに生えています。子供は張り切ってつくしを積み始めました。
そして、家に持ち帰り、つくしのはかま部分を取って、美味しい佃煮にしました。
子供は初めて食べるつくしの佃煮がとても気に入って「おばあちゃんは料理の天才だね」とニコニコと笑っていました。

ブラウスを2日かかって買いました

先日、春夏物のブラウスが欲しくて買い物に出かけました。
ワイドパンツに合わせたくて、何となくイメージを思い浮かべて探しました。
最近流行ってるし、すぐに購入できると思ってたのですが、なかなか気に入ったのが見つかりません。
デザインが気に入ったものの値段が高すぎたり、リーズナブルだけどデザインが今ひとつだったり、難しいものです。
丈だったり、色だったり、素材だったり、微妙なところが気になって、「これっ!」という物になかなか出会えませんでした。
時々、一目惚れする物に出会えることがあるのですが、今回はありませんでした。
でも、どうしても欲しいという気持ちが強くて、結局2日間歩き回りました。
実はこういう時、私は悪循環に陥っていくのです。
「ちょっと良いかも」と思った商品に出会っても、もっと良いのがあるかもしれないと思ってしまうのです。
探している時間が長ければ長いほど、この傾向が強くなります。
最終的には、初めに「良いかも」と思った商品を購入することが多くなります。
今回もそうでした。
結局、無駄に時間を費やしてしまった感が強いのですが、納得できる商品を購入することができたので、結果オーライとしたいと思います。