秋からの3か月は減少・これって普通でしょうね

2016年の経済はどうなんだろうか、2015年11月の家計支出は減少傾向というから一般的には消費をセーブしているってことですね。
11月の理由としては気温が暖かくて冬物衣料などの売り上げが鈍かったからだという、暮らす側としたら省エネで行けるしすごしやすいから11月はいいなと思えました。

オフィスでのウォームビズが開始されたのもこの時期でしたが、初日からしばらくは手持ちの服ですごせるくらいの気温だったもの。
20℃なんて気温もあったはずなので、冬コートとかセーターなど購入意欲のテンションは低くなりますよね。
12月の家計支出はさすがに忘年会とかクリスマスなどとイベントもあり、年越しやお正月準備品なんかも買いますから上がるはず、前年比とか従来からの平均ではどうかと思いますけど。

減っているのは気温だけじゃないと考えますね、この季節から一年後は10%になると思えば消費が鈍るのは普通の感覚だから。年越しから新年はより堅実な消費を心がけようなんて思います。