自転車での遠出

小学1年生の子供は自転車でまだ遠出をしたことがありません。家の近くのコンビニまで一緒に行く位でした。
でも、今後友達と自転車で出かける事もあるし、中学や高校には自転車通学になる事もあります。
少しでも自転車に慣れておくために、私と一緒にサイクリングに出かける事にしました。
目的地を私の実家にしました。今住んでいる家から、直線距離で5キロメートル程です。
子供は自転車の運転が危なっかしいので、なるべく交通量が少ない道を選んでいきました。
とは言っても、国道などの交通量が多い道を2回程は通る必要が出てきます。
道路交通法が変わり、自転車も車道を走る事になっています。
小学一年生に、車道を走らせるのはとても危険です。
警察のホームページなどを調べると、「子供は歩道を自転車で走っても良い」と書いてありました。
子供と一緒に走る場合、親も歩道を走ってもいいようです。
これならば、少しは安全におばあちゃんの所まで行けそうです。
しっかりとヘルメットをかぶり、ドキドキしながら5キロの道のりを走破しました。
おばあちゃんも、笑顔で出迎えてくれたので、子供も大満足したようです。

全く営業に向いていない最悪の担当者

今住んでいるマンションを探している時に、いくつかのマンションを見に行ったのですが、小さい子供がいると言っているのに、不動産会社の担当の人が気が利かなくてビックリしました。

たとえば、メゾネットの物件を紹介してきたり、ベビーカーを使うのに階段しかない5階の部屋を案内してきたりと、不審に思うことばかりでした。メゾネットの物件も、階段がオシャレなつくりが故、吹き抜けていて危険な感じでした。

また、決めた時間に遅刻して来たり、いざ内見をしようという時に、鍵を忘れてきたりと、散々でした。こういったこともあり、他の不動産会社にお願いすることにしたのです。

営業の仕事というのは、お客さんの信頼を得てこそです。あんなに酷い人は、初めてでした。

マンションの防音対策

今のマンションは鉄筋8階建てのマンションですが、隣の声が良く聞こえてきます。
それに加えて最近は、どこの家なのか何階なのか不明なのですが、何かを引きずる
ような音や物を落とすような騒音問題がでてきました。
家では夜の9時には布団に入るのでイビキはあっても他の騒音は思い当たりません。

あるとすればトイレに行ったりする足音を注意するべきかと思います。

エントランスに注意として張り紙されていますが、うちも人事ではないと思って
防音対策をしてみようと思いました。

昼の時間に、大声で話す事はあっても人に聞かれて嫌な話はしてないので、
その辺は大丈夫だと思うのですが、問題はドアの開け閉めの時の音や、歩く足音です。

とりあえず、クッションタイプのカーペットの購入を考えたけど思ってたよりも
値段がするんですね。3LDKの全てがフローリングの我が家では全部をカーペットに
するには予算的に無理かもしれません。

歩く所だけ、カーペットをひいて対策するかも考えましたが、なんだかなーと気が乗りません。

そこでホーセンターで見つけました。

正方形の形をしていて、部屋の敷きたい部分に枚数を並べていくコルクマットを発見しました。
これなら足音も吸収してくれて、汚れた部分だけを外して洗えるそうです。

6畳の部屋で約13000円程です。

これだと予算もかなり抑えられます。

今日は自転車で見に行ったので、次のお休みの時に主人と車で行きたいと思います。